前へ
次へ

中古住宅のリノベーションで気をつけることとは

リノベーション前提で戸建ての中古住宅を買う場合、気をつけておきたいポイントをまとめてみましょう。
まず、希望エリア内で立地条件はバッチリだとしても、やはり修繕レベルがどれくらいかは重要な確認ポイントです。
特に戸建ての基礎はかなり重要ですので、腐食やシロアリ被害などがないかチェックが必要です。
基本的に基礎がしっかりしていれば、あとは内装だけですのであまり心配はいりません。
次に見ておきたいのは周辺環境です。
治安や利便性など、環境についても客観的によく確認しておきましょう。
もちろんこれは中古住宅に限らず、すべての物件購入で言えることです。
そして最後に、リフォーム減税の優遇を受けられるかどうかも確認しておきましょう。
所得税は投資型減税、ローン型減税、住宅ローン減税の3種類がありますので、条件に合うかどうか確認しておくと予算組みが変わります。
築年数やリノベーション内容で変わるため、わからない場合は施工会社に相談すると良いでしょう。

Page Top