前へ
次へ

リフォームとリノベーションの違い

リノベーションとはリフォームのパワーアップ版と考えている方は多いですが、実際は明確に定義づけされておらず、その言葉の使い方も様々です。
それでもリフォームは簡易的な改修で、リノベーションは根本的な改修という考え方は多少当てはまるのではないでしょうか。
例えばリフォームは上辺を取り繕う見た目重視な改修に対し、リノベーションは骨組みや土台から新たに組み立てるなど実用性重視とも言えそうです。
その為、後者は非常に工期が長く費用もかかりがちです。
逆に前者は短期間で手軽に行えるのが大きなメリットとなります。
それぞれ特徴が異なるので、自分の目的にあった方法を選択したら良いのではないでしょうか。
例えばリフォームはあるものを置き換えて新しくしたいという場合に向いており、リノベーションは壁を無くして広くしたり、逆に壁を増やして部屋を作ったりしたい場合に向いています。
また、修繕の幅の広さや深さに伴って必要な予備知識も増えていくので、目的に合わせてそれなりに勉強はしておくべきでしょう。

Page Top