前へ
次へ

古い空き家に素敵なリノベーションを施して

なんらかの理由で空き家を持っている人達は沢山います。
空き家はただ所有しているだけでは何の利益にもなりません。
年末には決まって固定資産税の支払いを請求されます。
空き家は早めに解体して、 その場所に新しい建物を作るか、 もしくはその空き家をリノベーションして、有効利用するという二つの方法があります。
どちらかと言うとお金がかからないのが、空き家をリノベーションする手法です。
木造建築でもその構造がしっかりとしているようなものでは、これから50年くらいはまだ使えるでしょう。
そうであれば結論は見えています。
古い空き家に素敵なリノベーションを施して、外国人の労働者などに貸し出すのです。
日本の住宅需要は頭打ちです。
ところがこれからは外国からたくさんの労働者がやってきます。
日本が外国人の受け入れを決心したからに他なりません。
そのとき困るのがこれらの外国人が住む場所です。
その対策として一番適切なのが、 日本の空き家の有効利用ということになります。

Page Top